1. ホーム
  2. 再生物件4号
  3. ≫再生中の空き家のユニットバス

再生中の空き家のユニットバス

こんにちは空き家再生プロジェクトです。現在再生中の再生物件4号のユニットバスについて見て行きたいと思います。

 空き家のユニットバス

空き家のユニットバス現在再生中の空き家4号のユニットバスです。1980年代の物件ですがユニットバスが入っており状態がいいです。

一般的に1980年代の物件の場合、タイル貼りバランス釜のお風呂の場合が殆どです。タイルやバランス釜のお風呂の場合、再生するのに安くても安くても30万円ほどの料金がかかります。

またタイルの場合、お風呂の下の基礎の部分が腐っている場合があり、シロアリが発生している可能性が高いので注意が必要です。基礎がかなりやられている物件の場合、根本的な再生が必要となり実質上再生は不可能となります。

この物件では当時からユニットバスが装備されているためお風呂自体のリフォームはハウスクリーニングのみで済ませる予定です。30年ほど使ったユニットバスの割にはかなり綺麗な状態ですね(^^)

まとめ

空き家は状態によって再生できるものと再生できない物があります。ゴミだらけの物件でも基礎に問題なければ再生できますが基礎がかなりやられていたり、リフォームに多大なコストがかかる場合は解体を行うのも空き家再生の一つの手段です。解体は解体王などのサイトを利用すると安くお買い得に解体を行うことが出来ます!!今回の記事が空き家再生の参考になりましたら幸いです。