1. ホーム
  2. 空き家の法令制限
  3. ≫住居系の用途地域について

住居系の用途地域について

空き家の活用を考える場合、その地域が建築基準法上どの用途地域であるか知る必要があります。今回は住居系の用途地域についてみて行きたいと思います。なお、用途地域を含め各種法令制限については「土地ナビ」で記載しております。

住居系用途地域

1

用途地域名 特徴(建築基準法9条)
第1種低層住居専用地域 低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第2種低層住居専用地域 主として低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第1種中高層住居専用地域 中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第2種中高層住居専用地域 主として中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第1種住居地域 住居の環境を保護するため定める地域
第2種住居地域 主として住居の環境を保護するため定める地域
準住居地域  道路の沿線として地域の特性にふさわしい業務の利便を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するために定める地域

住居系の用途地域だけでもこれらの種類があります。空き家活用において例えば居酒屋等は住居系用途地域では作る事が出来ませんし、大衆食堂や喫茶店も第一種低層住居専用地域では作る事が出来ませんので注意が必要です。

今回の記事が空き家活用の参考になりましたら幸いです。